FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店の壁一面に時計が掛かっているが、それらの時計は売り物ではない。
それぞれの時計が示す時刻はバラバラで、思い思いの時間に鐘の音が鳴り響く。

『あの店の表をずっと見ていてごらん。
入っていく客と出ていく客の数が合わないだろう?
店の奥に大中小の扉がある。
借りた時計を持ってあの扉を潜り抜けると“望んだ時間”に行く事が出来 るらしいって噂があるんだ。
あの扉のすぐ裏は壁だし、 何処にもつながってないはずなのに、扉を潜り抜けて行ったのとみたやつがいるんだ。
だからあの店は入っていく客と出ていく客の数が合わないんだとさ』

三日月ノ木 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。