FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宵闇商店街のはずれにある神社。
年始やお祭りは賑わうが、普段はひっそりと佇む。
いつの頃からあるかは誰も知らないが、昔からずっとある。

夜な夜な妖怪も集まるとの噂も…。


スポンサーサイト
サァお立会い ご用とお急ぎデない方はチョいと見ておイで
道灌山の奥ノ奥 何の因果か埋もれた土藏にフヰルム缶発見さる
これぞ本日目玉のキネマ 文明開化は電氣応用 奇々怪々 幻景浪漫
内容は言わぬが花ノ玉手箱
お代は見てノお帰りだよ サァいらはい いラはい

弥栄堂

商店街にひっそりと建っている扇子店。
店内には色とりどりの扇子が立ち並ぶ。
夢を閉じ込めたとっておきの扇子。貴方のお気に入りがみつかりますよう。

魔女と噂された夢見堂店主は今日もつぶやく。


『一晩しか咲かない月下美人の如く、素敵な夢を鮮やかな扇子にのせてお届けします。』


店の壁一面に時計が掛かっているが、それらの時計は売り物ではない。
それぞれの時計が示す時刻はバラバラで、思い思いの時間に鐘の音が鳴り響く。

『あの店の表をずっと見ていてごらん。
入っていく客と出ていく客の数が合わないだろう?
店の奥に大中小の扉がある。
借りた時計を持ってあの扉を潜り抜けると“望んだ時間”に行く事が出来 るらしいって噂があるんだ。
あの扉のすぐ裏は壁だし、 何処にもつながってないはずなのに、扉を潜り抜けて行ったのとみたやつがいるんだ。
だからあの店は入っていく客と出ていく客の数が合わないんだとさ』

三日月ノ木 



白狐の商う呪<まじな>い屋。

誰かを呪うのが目的の呪い品ではなく、

幸せを願う護符などを販売している。

白狐は遠い過去、お仕えしていた方がいる由緒ある狐だが、

今は一見世の店主としてのんびり過ごしている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。